今の仕事を辞めたい…と毎日悩んでいるそこのあなた、思い切って転職しませんか?とは言っても、転職への不安が大きいのもわかります。しかし、やってみなきゃわからないじゃないですか!じっくり探して見極めて、自分に合った職場を見つけましょう!

職場で働く人たちの写真

南区でのチケットカウンターの窓口業務と転職に関して

複数のバス会社が共同でバスターミナルを運営することになり、南区に設置するときには色々なことが必要です。バスターミナルの大きさを決めていくと同時に、建物などの概要なども決めていきます。その他にも、バスターミナルにおけるバス乗り場の設置するや待機スペースの用意といったことなども話し合いをします。
また、建物に関してはどのような外観にしたり、内部をどのようにしていくのかといったことも考えることは大事です。このとき、バスのチケットを販売する窓口カウンターの設置も求められます。その際に、窓口カウンター業務はどのようにしていくのかを決定しておくことも大切となります。
窓口カウンターの仕事をする人については、次のような人々を対象にしていくことが可能です。仕事をすること自体が初めての人や他の仕事を経験してきた人を含めたり、窓口業務経験者の転職も対象にします。
窓口業務が未経験の場合においては、最初から教えていき戦力にしていくという方法があります。他方で、別の場所でチケットカウンターの窓口経験者においては即戦力を期待することができます。
窓口カウンター業務を担当してもらう人を採用するに当たり、労働条件や給与といったことを提示することも必要です。さらに、募集要項を掲載した情報をインターネットなどにおいて周知することも不可欠となります。募集要項の告知に関しては、バス会社のホームページで実施するというスタイルが存在しています。
また、バスターミナル設置においては駐車場や駐輪場を作るかどうかも検討することが可能です。それらの移動手段からバスに乗車してもらい、利用の促進に直結させて乗車率を伸ばしていくというものです。