もう限界だから転職したい

今の仕事を辞めたい…と毎日悩んでいるそこのあなた、思い切って転職しませんか?とは言っても、転職への不安が大きいのもわかります。しかし、やってみなきゃわからないじゃないですか!じっくり探して見極めて、自分に合った職場を見つけましょう!

職場で働く人たちの写真

転職にはまず勇気が必要

転職にはまず勇気が必要です。これはなぜか?というと、転職をする場合には、かなりの精神力と体力が必要となってくるからです。本当は、転職などを行わずに、今働いている職場が、人間関係などが良好な場合には、特に転職に対して勇気が持てないものです。この理由としては、次の会社でうまく人と馴染めなかったらどうしようという不安と、次の転職先でうまくいかなかったらどうしよう、このような不安が誰でもあるためです。ただ、現在勤めている会社で、どんどんと人が辞めていくという状況、また、人間関係などが良くないなどの事情ある場合には、早急に勇気を持って、転職活動を行うことが大切となってきます。これは特に30代の方の場合に、転職が成功すると言われている年齢が35歳までであり、それ以降、36歳以降の転職の場合には、かなりその分野に精通しているか、経験がなければ相当に難しいと言われているからです。そのため、特に若い人の場合には、希望の職種があり現在の職場でトラブルなどが多い、離職率が異常に多い、辞めていく先輩が多い、または後輩がとても多い、このような事情がある場合には、早急に勇気が必要となってきます。ただ、すぐに、やみくもに辞めればいいというものではないため、次に行きたい業種で自分がやっていけるのか、本当に辞めても今後、大丈夫であるのか、このような計算や、特に一人暮らしをしている方の場合には、金銭的な面で大丈夫であるのかどうかをしっかりと確認し、その上で、活動を起こすことが必要となってきます。20代の方の場合には、まだこれからもチャンスは多くありますが、特に30代前半の方が、仕事を変える場合には、かなりの勇気が必要となります。

転職したくても出来ない人が陥る仕事の探し方

転職したくても出来ない人がやってしまいがちな、仕事の探し方が採用のされ易さを重視して仕事を探してしまうということです。現在の職場にとにかく不満があって、その職場をぬけ出すことだけが目的というのであれば、そのような方法も一概に悪いとはいえませんが転職を考えているということは何かしら現在の職場に不満があり、より良い職場を見つけたいからと行うものです。そのため、転職先が現在の職場よりも環境が良くなければ意味が無いわけですが、転職が決まらないという人は転職をすることが目的となってしまって、仕事を選ばずに仕事を探してしまうということは多いものです。採用されやすい職場が必ずしも環境が悪いとは限りませんが、すぐに決まる仕事というのはそれなりの理由があるものです。そのような職場に移っても新天地を見つけたと思ったら、以前の職場とあまり変わりがなかったということになってしまいがちです。そうなってしまうと、わざわざ職場をかえた意味がなくなってしまいまたその職場に不満を持ってしまうことになって、別の職場に移りたいと思ってしまうことになるので全く無意味なこととなってしまいます。たしかに今の時代は仕事を選んで入られませんが、すでに仕事がある状況であれば急いで次の仕事を見つけなければならない理由というのはありませんから、どれだけ活動がうまく行かなくてもじっくり時間をかけてより良い環境の職場を探すようにしましょう。転職の大きなメリットとしては仕事を選ぶことができるという点にあるわけですから、仕事が見つからないからといってそのアドバンテージを活かすことができないような採用のされやすさで仕事を探してしまうと、転職が失敗に終わってしまうだけなのです。

転職で失敗しないコツとは

転職したときに一番気になるのは、果たして職場が変わった事が良い事だったのか、悪かったのかの判断に迷うことです。それは、いくら志を持って変わったり、前の職場が合わなくて、よくなるために転職を選んだといっても、現実では迷いが生じるものです。それが、新卒で1年以上の就職活動の後に選んだ職場だったり、自分が希望して飛び込んだ職種だったらなおさら迷います。学生時代に描いた夢や理想を実現させるために就職した職場でなくても、なんとなく選んだ職場であっても、そこを変わることは大いに悩みます。それでは、転職後に悩むことはすべて失敗でしょうか。それは失敗とはいえないのではないでしょうか。飛び込んだ転職先が失敗ではないと割り切ることが必要です。本当に失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。失敗したと感じる場合がどんなときかを考えてみましょう。例えば残業が多かったり、サービス残業を強要される、ノルマを課されるなどの職場環境が、前より悪くなった場合です。また、人間関係が悪かったり、上司の態度が自分に合わないなどの場合は失敗したと思うでしょう。しかし、この場合は、事前にいくら慎重に調べても、職場の中に入って見なければわからないことです。転職は、現在より良くなること、ステップアップするのが一般的です。気分やその場の雰囲気で職場を変えるのが一番大きな失敗の元です。転職で失敗しないためには、自分が何をしたくて職場を変えるのか、自分の人生設計にあわせた転職であるかどうかが判断の分かれ目になります。例え前の職場より条件が悪くなってたとしても、自分の目標が明確だったら辛抱できます。その時は、失敗ではなく、次のステップのための試練と考えることができます。

◎視野を狭めず、色々なジャンルの求人を見て転職を成功させましょう
WEBデザイナー 転職